流しうどん

流しそうめんなら聞いたことあるけど、流しうどんははじめて。あれ?竹で流すんじゃないんだ?ペットボトル!
そうです。「身近な素材で作る」をモットーにしている私達は1人1本ずつペットボトルを持ってきてもらいました。
ペットボトルの上下部分を切り、真ん中の筒状の部分を半分にしてつなげていきます。
底の部分は食べるときのお皿になります。
ペットボトルの川を支えているのは、絵を描いたり飾ったりするイーゼルです。イーゼルで高さを調節しました。

もちろんうどんだってめんつゆだって手作りです!小麦粉・塩・水をビニール袋に入れ、よくこねていきます。
こども達の手の力ではしっかりとこねることができないので足も使います。
こねた後はねかし、伸ばしていきます。いつも粘土を使っているのでその感覚でどんどん伸ばし細くカットすると
うどんの出来上がり!!

大きなお鍋でゆで、さあ流してみるよ〜〜〜!
流す前から川の中に箸を立てて準備OK!^−^

うどんをひとくち食べたNちゃんが言いました・・・・「最高に幸せ〜〜。」
なんだかオリンピックで金メダルをとった人のコメントみたいで大笑いしてしまいました。

幼稚園生には流れてくるうどんをとるのが難しかったようですが、
そんな時は小学生のお兄さんお姉さんがとってくれました。

きっとこの夏最高の味になったことでしょう!







ギャラリートップへ戻る