木の工作

材料に木を使用するとき、小学生クラスでは制作を始める前にデザイン画に加え設計図も描いておきます。
大きさは?幅は?奥行きは?木の厚みは?なんだか算数の問題を解いているようです。

幼児クラスではまだ足し算引き算ができないので設計図は難しいです。
なので「すでにある形」をヒントに少しずつ組み立てていきます。
おうちにあるブロック遊びと同じ感覚で、どんどん積み重ねて形を作ります。

デザインしてから作る。作りながらデザインする。
どちらも頭を使うのです。

さあ、次はどんな素敵な木の工作がうまれるのでしょう?





ギャラリートップへ戻る