切手のスケッチ
 

中山先生の趣味は切手集めです。世界中の切手を集めています。
特に好きな切手は児童画切手と呼ばれるもので
子供の絵が切手になっているものです。

最近はパソコンや携帯電話でメールを出すことが多く
切手を貼ってお手紙を出す機会が少なくなってきましたね。
切手ってどんなものなのか?いつからあるのか?
どこの国が発祥?どんなデザインがあるのか?
どうやって集めればいいのか?
さあ、切手の世界をのぞいてみよう!!

切手を集める方法は
1、郵便局に行って発売中の切手を買う
   2、切手屋さんに行って気に入ったものを買う
          3、おうちに届いたお手紙やはがきについている切手をはがす

1と2は小学生には難しいけど、3の方法ならばすぐにでも集められるはず!
使用済み切手をきれいにはがす方法(水はがし)を教えてもらいました。
今まで気にもしなかった切手が今日から宝物に変身です。

今回は乗り物の切手をスケッチすることにしました。
車・電車・バス・船・飛行機etc...
自分の好きな切手を1枚選び、ポストカードに色鉛筆で描きました。

スケッチのルールは本物と違う色で描くことです。
これが簡単なようでとっても頭を使うのです。
見たものをそのまま描くことに慣れている目と手は
違う色にするということを思わず忘れてしまいます。
たった一つのルールですが考えながら描くことのできる楽しい方法でした。



ギャラリートップへ戻る