配色カード
建物、車、洋服、インテリア、靴etc・・・
デザインをする人は必ず持っているたくさん色のカードを配色カードといいます。
配色カードはとっても便利なもので、作品を作るときやこのホームページを作るときなど、色を決めるときにたいへん役に立ちます。
例えば、青を目立たせるには隣にどんな色にすれば効果的なのか?やさしい色合いはどのぐらいの濃さにすればいいか?など、実際に色を比べて完成イメージを想像することができます。


学校や家ではなかなかえのぐを使う機会がすくないこども達は、教室でえのぐを使うことがとてもたのしいものです。
特に興味をもって楽しんでいるのが、○色と○色を混ぜると何色になる?という色実験です。
赤と青で紫。黄色と赤でオレンジ。青と黄色で緑。こんなのへっちゃら簡単!!
じゃあ、紫と黄色は?赤と緑は?水色と茶色は?
どんどん新しい色を作ってカードにぬって、オリジナルの配色カードを作りました。
実際の配色カードの裏側には色の番号(色相・トーン)が書かれているのですが、みんなでつくったオリジナル配色カードには
その色を作った時に混ぜた色を書きました。

これで、色ぬりをするときの役に立ちますね!!
形だけでなく、色にもしっかりとこだわりをもてるようになると作品のおもさろさが増すのではないでしょうか。





ギャラリートップへ戻る